ドバイ不動産売買・ドバイ不動産投資なら、Reheat

アブダビ不動産。UAEのアブダビ首長国の不動産情報・不動産価格推移・不動産投資のメリットデメリット

アブダビの不動産投資がにわかに注目を集めてきています。今回は、アブダビ不動産について丁寧に解説します。

アブダビとは?

アブダビは、ドバイと同じように、アラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国のひとつです。アラブ首長国連邦(UAE)は、7つの首長国で構成されています。

  • アブダビ
  • ドバイ
  • シャルジャ
  • アジュマン
  • ウンム・アル・カイワイン
  • フジャイラ
  • ラス・アル・ハイマ

アブダビは、UAEで一番大きい面積を持つ、首都です。

アブダビの位置

ペルシア湾に突き出たT字型の半島部を中心とした地形で、アラブ首長国連邦の中でも最大の面積、人口、収入を持つ首長国です。とくに面積6.7万㎢は連邦全体の8.3万㎢の大半(約80%)に及びます。

人口・GDP

アブダビの総人口は、1,807,000人(※2018年データ)です。2014年の時点で、約20%がUAEの国民で、約80%が外国人です。アブダビの人口の大多数は、ネパール、インド、パキスタン、エリトリア、エチオピア、ソマリア、バングラデシュ、スリランカ、フィリピン、中国、台湾、ベトナム、イギリス、フランス、イタリア、その他様々な国からの出稼ぎ労働者です。

GDPは、1,184億ドルで、一人あたりのGDPは、75,600ドル(※2023年データ)です。UAEは、豊富な炭化水素資源により、一人当たりGDPが世界で最も高い国の一つとなっています。その中でも、アブダビは、GDP)と1 人当たりの所得の点でUAEの中で最も裕福な首長国です。

経済

アブダビは、UAEの豊富な石油資源の大部分(石油の95%、ガスの92%)を所有しています。アブダビは、世界の確認された石油埋蔵量の9%(982億バレル)と世界の天然ガスの約5%(58億㎥)を保有しています。

アブダビ政府は、豊富な石油資源の生産から、観光業やその他、さまざまなタイプの収益源を拡大しようとしています。具体的には、収入の非石油部分が約40%から約70%に増加させることが計画されています。産業、不動産、観光、小売りへの新たな多額の投資が行われています。

アブダビ不動産データ

アブダビ不動産価格推移

アパートメント

エリア平方フィートあたりの価格昨年対比不動産価格スタジオ不動産価格1ベッド不動産価格2ベッド利回り
アル リーム アイランド(Al Reem Island)10643.34% 585,000858,0001,422,0006.54%
ヤス アイランド(Yas Island)14006.70% 750,0001,075,0001,822,0006.20%
アル ラハ ビーチ(Al Raha Beach)12512.10% 913000116200017030005.78%
サディヤット アイランド(Saadiyat Island)225115.11% 926,0001,998,0003,984,0003.63%
アル マリア アイランド(Al Maryah Island)1,4204.77% 593,000867,0001,180,00010.21%

ヴィラ

エリア平方フィートあたりの価格昨年対比不動産価格スタジオ不動産価格1ベッド不動産価格2ベッド利回り
ヤス アイランド(Yas Island)12434.74% 2,887,0004,302,0005,591,0004.72%
サディヤット アイランド(Saadiyat Island)1418-5.54% 6,831,0007,126,0009,925,0005.92%
アル リーム アイランド(Al Reem Island)1098-2.43% 2,796,0004,321,00011,532,0006.34%
アル・マタル(Al Matar)135818.60% 3,312,0005,422,0005,069,0005.43%
アル ラハ ガーデンズ(Al Raha Gardens)5.92%

アブダビ不動産の現状と将来性

アブダビはUAE の首都であり、GDP貢献の点で最大の首長国でもあります。アブダビは、投資、居住、仕事に最適な場所と言えます。安定した経済を誇るアブダビは、UAE の経済全体の 60%を占め、UAEで最も裕福な首長国であるだけでなく、世界で最も裕福な都市の1つでもあります。

建設プロジェクトと文化発展の結果、アブダビは雇用市場と経済が急速に成長しており、GDPは2,680億ドルと高く、一人当たりの所得は9万6,000ドルとなっています。

また、アブダビを際立たせているのは、10年以上直接債務を負っていない優れた経済状況です。

アブダビの住宅供給も、特にドバイと比べて比較的逼迫しています。したがって、その不動産市場は需要が急増している一方で供給が不足しており、投資には有利な環境が整っています。

また、ドバイと同様に、100%外国資本の所有が認められていて、不動産の所有、ゴールデンビザ、所得税0%など、ビジネスや投資が集まる理由があります。

最近では、シェイク・ザイード・グランド・モスク、ルーブル・アブダビ美術館、ヤス・マリーナ・サーキットでのアブダビF1グランプリなど、観光にも力を入れていて、2030年には、万博も開かれるなど、より観光客が増える要素が集まっているのです。アブダビには一流の学術機関、高度な医療施設があり、スポーツから音楽、芸術に至るまで世界クラスのイベントが開催されています。

ドバイと比較されることの多いアブダビですが

  • ドバイほどの不動産価格の上昇、賃料の上昇は行っていない

のですが

  • ドバイにはない石油資源による安定した経済力

というバックボーンがあり、

アブダビ政府は、その資金力をもとに、不動産、インフラ、金融サービス、観光、農業技術、ICT、ヘルスケアなどに積極的に投資を行っています。

今現在は、ドバイの方が注目されているものの、豊富な資金源による投資が上手くいけば、アブダビの方が観光資源も、移住者も、増える可能性は高いのです。

将来のキャピタルゲインが狙いやすいという意味では、すでに不動産価格の上昇が顕著であるドバイよりも、アブダビの方が良いと考える方も少なくありません。

ぜひ、アブダビ不動産にご興味ある方は、当社にご相談ください。

おすすめ記事
最新記事
お知らせ
  1. ドバイ不動産投資がおすすめの理由13選

  1. ドバイ時差(日本との時差)とドバイ時間(ドバイ現地の現在時刻)

  2. アブダビ不動産。UAEのアブダビ首長国の不動産情報・不動産価格推移・不動産投資のメリットデメリット

  3. ラス・アル・ハイマ不動産。UAEのラス・アル・ハイマ首長国の不動産情報・不動産価格推移・不動産投資のメリットデメリット

  4. シャルジャ不動産。UAEのシャルジャ首長国の不動産情報・不動産価格推移・不動産投資のメリットデメリット

  5. ダマックヒルズ不動産価格データ推移。物件価格中央値、sqftあたり物件価格、販売物件数、売上高

  1. ドバイ不動産事業開始のお知らせ

人気記事ランキング

  1. 1

    ドバイ不動産投資がおすすめの理由13選

  2. 2

    世界の富裕層の移住している国ランキング

  3. 3

    ドバイ不動産価格データ推移。物件価格中央値、sqftあたり物件価格、販売物件数、売上高

  4. 4

    ドバイ(アラブ首長国連邦)「ディルハム(AED)」の為替レート

  5. 5

    ドバイ不動産投資のポイント「ドバイの人口・人口推移・人口ピラミッド」

関連記事

X

お問い合わせ・資料請求・ご相談