ドバイ不動産売買・ドバイ不動産投資なら、Reheat

ラス・アル・ハイマ不動産。UAEのラス・アル・ハイマ首長国の不動産情報・不動産価格推移・不動産投資のメリットデメリット

ラス・アル・ハイマの不動産投資がにわかに注目を集めてきています。今回は、ラス・アル・ハイマ不動産について丁寧に解説します。

ラス・アル・ハイマとは?

ラス・アル・ハイマは、ドバイと同じように、アラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国のひとつです。アラブ首長国連邦(UAE)は、7つの首長国で構成されています。

  • アブダビ
  • ドバイ
  • シャルジャ
  • アジュマン
  • ウンム・アル・カイワイン
  • フジャイラ
  • ラス・アル・ハイマ

ラス・アル・ハイマは、UAEで6番目に大きな都市です。

ラス・アル・ハイマの位置

アラブ首長国連邦の最北端に位置するのがラス・アル・ハイマです。北部はオマーンの飛び地のムサンダム半島に接しています。他の首長国とは異なり、海、砂漠の他に緑豊かな平原と山岳地帯を擁しているのが、この国の大きな特徴です。

ラス・アル・ハイマから近隣都市ドバイへは70分、アブダビへはわずか97分で簡単にアクセスできます。

人口・GDP

ラス・アル・ハイマの総人口は、191,753人(※2022年データ)です。

GDPは、143億ドルで、一人あたりのGDPは、30,700ドル(※2023年データ)です。

GDP成長率は、2022年から2025年まで、年間平均2.7%になると予測されています。

経済

ラス・アル・ハイマの経済ゾーン(Ras Al Khaimah Economic Zone (RAKEZ) )は、5つのゾーンで構成され、100カ国、50業種から21,000社以上の企業が拠点を置いています。これらのフリーゾーンでは、100%%の免税と外国人所有権が提供されています。

UAE、中東、および周辺地域へのアクセスを求める企業にとって最適なハブとしての地位を確立しています。

アラビア湾でのダウ船の建造や漁業が発展しています。

世界的なセラミックメーカーである「RAK セラミックス」の本社があり、世界最大級のセラミック工場があります。その他、セメント工場や製薬工場などもあります。

ラス・アル・ハイマ不動産データ

ラス・アル・ハイマ不動産価格推移

アパートメント

エリア平方フィートあたりの価格昨年対比不動産価格スタジオ不動産価格1ベッド不動産価格2ベッド利回り
アル ハムラ ビレッジ(Al Hamra Village)63819.62% 333,000541,000848,0007.33%
アル マルジャン アイランド(Al Marjan Island)121283.74% 420,0001,160,0001,505,0004.48%
ミナ アル アラブ(Mina Al Arab)109026.63% 61400094400015830004.33%
ヤスミン ヴィレッジ(Yasmin Village)2609.53% 301,000299,00011.71%
アル・シーア(Al Seer)3732.18% 187,000300,000361,0008.87%

ヴィラ

エリア平方フィートあたりの価格昨年対比不動産価格スタジオ不動産価格1ベッド不動産価格2ベッド利回り
アル ハムラ ビレッジ(Al Hamra Village)82916.45% 1,831,0003,099,00010,418,0004.59%
ミナ アル アラブ(Mina Al Arab)106711.51% 2,319,0006,661,0006,723,0003.88%
アル マルジャン アイランド(Al Marjan Island)243644.26% 5535000807500022592000
ザ コーブ ロタナ(The Cove Rotana)72017.12% 2,795,000

ラス・アル・ハイマ不動産の現状と将来性

ラス・アル・ハイマは、ドバイと同様に、フリーゾーンであれば、外国人投資家が100%の所有権を保有できること、また、税金もないという大きなメリットがあります。

その上で、物価が、ドバイやアブダビの半分程度と、かなり安いことが大きな魅力となっています。不動産価格も安く、今後の不動産価格の上昇余地も大きく残っているエリアと言えます。

利回りも、高く、10%を超える投資利回りも出せる可能性があるエリアとなっています。実績では、ヤスミン・ヴィレッジの利回りは、11.8%(2023年データ)となっています。

また、2023年8月、ラス・アル・ハイマの統治者シェイク・サウード・ビン・サクル・アル・カシミ殿下は、2023年政令第12号を発布し、不動産開発ディベロッパーのデータベース、不動産のデータベースが作られ、早期の工事や財務状況の保証ができるようになります。

政府も、海外資本の流入、不動産セクターへの積極的な規制緩和を行っているため、多くのディベロッパーが算入する可能性があり、一気に発展する可能性があります。

さらに、2027年には海辺のカジノ リゾート「ウィン アル マルジャン アイランド」が開業予定で、さらに多くの見込み客を惹きつけることが予想されます。

多くの専門家が、まもなく、ラス・アル・ハイマがUAEのもう1つの注目の不動産投資地域になるだろうと予測しています。ラス・アル・ハイマの不動産市場は2023年から活況を呈し始めており、今後数年間でUAEの両都市、ドバイとラス・アル・ハイマの不動産市場は互いにかなりの競争関係になると予想されています。

ぜひ、ラス・アル・ハイマ不動産にご興味ある方は、当社にご相談ください。

おすすめ記事
最新記事
お知らせ
  1. ドバイ不動産投資がおすすめの理由13選

  1. ドバイ時差(日本との時差)とドバイ時間(ドバイ現地の現在時刻)

  2. アブダビ不動産。UAEのアブダビ首長国の不動産情報・不動産価格推移・不動産投資のメリットデメリット

  3. ラス・アル・ハイマ不動産。UAEのラス・アル・ハイマ首長国の不動産情報・不動産価格推移・不動産投資のメリットデメリット

  4. シャルジャ不動産。UAEのシャルジャ首長国の不動産情報・不動産価格推移・不動産投資のメリットデメリット

  5. ダマックヒルズ不動産価格データ推移。物件価格中央値、sqftあたり物件価格、販売物件数、売上高

  1. ドバイ不動産事業開始のお知らせ

人気記事ランキング

  1. 1

    ドバイ不動産投資がおすすめの理由13選

  2. 2

    世界の富裕層の移住している国ランキング

  3. 3

    ドバイ不動産価格データ推移。物件価格中央値、sqftあたり物件価格、販売物件数、売上高

  4. 4

    ドバイ(アラブ首長国連邦)「ディルハム(AED)」の為替レート

  5. 5

    ドバイ不動産投資のポイント「ドバイの人口・人口推移・人口ピラミッド」

関連記事

X

お問い合わせ・資料請求・ご相談