ドバイ不動産売買・ドバイ不動産投資なら、Reheat

ドバイ不動産投資のポイント「Dubai 2040 Urban Master Plan」

ドバイには「Dubai 2040 Urban Master Plan」と呼ばれる、2040年までの都市計画プランが発表されています。ドバイ不動産投資を行う上では、抑えておくポイントです。

ドバイは、明確な都市計画を続けてきた国

日本の政治を見ていると、あいまいな目標、言葉遊びの目標が並んでいて、責任を取りたくないがゆえに「何を、いつまでに、どのくらいの目標数値で実現するのか?」を決めないのが当たり前なのかと思ってしまいがちですが、世界的には「具体的な目標と期日をしっかりとコミットすること」が当たらり前となっています。

ドバイも、10年~20年単位で、都市開発のマスタープランを作成しており、「Dubai 2040 Urban Master Plan」は、1960年から、ドバイ首長国にとって7番目の開発計画です。

ドバイが世界中の投資家から支持されてきた背景には

明確な数値目標と期限を持ち、都市開発プランを作成したうえで、それを実現してきたこと

に尽きると言っても過言ではありません。

実際に、1960年から2020年の間に、ドバイの人口は1960年の4万人から330万人へと80倍に増加し、首長国の都市面積と建築面積は170倍に増加しています。

現在進行中の都市開発プランが「Dubai 2040 Urban Master Plan」ということになります。

Dubai 2040 Urban Master Plan

大きな目標

  • 空間リソースとインフラリソースの利用を最適化する
  • 活力と健康なまちづくりの企画・開発
  • 緑地とレジャーエリアを倍増させ、その質を高める
  • 持続可能で柔軟な移動手段の提供
  • より大きな経済活動の促進
  • 環境の持続可能性の向上
  • 首長国の文化遺産と都市遺産の保護
  • 包括的な法律の策定とガバナンスの計画

具体的な目標

  • 人口が増加(現在の330万人から780万人へ)
  • 都市中心部の開発(5都市中心部)
  • 主要な公共交通機関の駅から800メートル以内に住む人口の割合55%
  • 住民のあらゆるニーズに応え、柔軟で持続可能な移動手段を使用してアクセスできるサービスセンターの開発
  • 緑とレクリエーションスペースのサイズが2倍(+105%)
  • 自然保護区と田舎の自然地域が首長国の総面積の60パーセントに
  • サービスエリア、住宅エリア、職場を結ぶ緑の回廊が複数設置され、都市全体での歩行者、自転車、持続可能な移動手段の移動を促進する
  • ホテルや観光活動のための土地面積は134%増加し、商業活動のための土地面積は168平方キロメートルに増加する
  • 教育施設と保健施設のための土地面積は25パーセント増加する
  • 公共ビーチの長さは400%増加する
  • 20年以上にわたって市民のニーズに応える最高水準の統合された多様な住宅オプション
  • 首長国の持続可能な開発と改善を支援する都市計画法の策定

概要

ドバイは2040年世界で最も住みやすい都市に選ばれる「50周年」

ビジョン

シームレスで持続可能な社会の世界リーダー

ミッション

世界ベルで統合された持続可能な道路と交通システムを開発および管理し、すべての利害関係者の幸福のために先駆的なサービスを提供し、未来の形成、政策と法律の開発、テクノロジー、イノベーション、世界クラスの導入を通じてドバイのビジョンをサポートします。

ドバイ2040

課題を機会に変え、世界的な先駆的なプロジェクトを生み出すことで知られる中東の有力都市ドバイは、2040年の都市マスタープランを立ち上げました。この計画は、ドバイを世界で最も住みやすい都市にするという、アラブ首長国連邦副大統領、首相、ドバイ統治者であるシェイク・モハメッド・ビン・ラシード・アル・マクトゥーム殿下のビジョンにインスピレーションを得たものです

この計画は、都市と持続可能な開発の地図を示しています。人間中心であり、今後20年間に首長国の生活の質を向上させ、国際競争力を強化し、居住者と訪問者に複数の新しいライフスタイルの選択肢を提供することに重点を置いています。この計画は、既存の3都市と新規の2都市の5つの主要都市中心部に焦点を当てたドバイの戦略的レイアウトを計画しています。

具体的には、新たに特定されたセンターは、展示会、観光、物流サービスの世界的ハブとして機能するExpo 2020と、知識ベースの経済の発展に貢献するイノベーション、知識、STEMのインキュベーターであるドバイ・シリコン・オアシス・センターです。先進的なテクノロジーを提供し、才能ある創造的な心を惹きつけます。さらに、この計画では、道路、交通、エネルギー、施設およびサービスのインフラストラクチャーのレベルに応じて提供されるさまざまな都市化の規模が定義されています。

この計画は、人口の将来のニーズを満たすことに基づいた未来都市のモデルに従ってドバイを再構築するものです。この考え方の中心となるのは、すべてのコミュニティに統合サービスセンターを提供することにより、人々が自宅から数分以内に持続可能なソフトモードの移動手段(徒歩または自転車)にアクセスできるようにすべきであるということです。土地利用は、住民のニーズに応え、コミュニティの発展を支援しながら、市街地内の土地の最適な利用に取り組むために合理化されます。この計画は、その中のインフラビジョンと必要なプロジェクトを統合し、予想される人口増加に合わせて調整することもサポートしています。また、投資、産業、ハイテク分野も支援しており、特に経済産業活動専用の面積が合計168平方キロメートルに増加します。

5つの都市中心部

ドバイ都市マスタープランは、経済セクターの成長と多様な人口の雇用機会の増加をサポートする5つの主要な都市中心部 (3 つの既存中心地と 2 つの新規中心地) での開発と投資に焦点を当てており、また、幅広いライフスタイル施設を提供しています。人口のあらゆる層のニーズに応えます。

既存の都市中心部には、首長国の伝統と遺産を強調する歴史地区であるデイラやバール ドバイが含まれます。ダウンタウンとビジネスベイを取り囲む都市のビジネスと金融の中心地です。ドバイ マリーナと JBR を取り囲むホスピタリティとレジャーのセンターであり、国際的な観光とレジャーの拠点として機能します。 2つの新しいセンターには、手頃な価格の住宅を提供し、展示会、観光、物流部門の中心となる経済と成長のホットスポットであるエキスポ2020センターが含まれます。ドバイ シリコン オアシス センターは、イノベーション、デジタル経済の発展、人材の育成を推進する科学技術と知識のハブです。

施設への公平なアクセス

新しいマスタープランでは、都市中心部の開発に対する統合的なアプローチを定義しています。

すべての住民が市内全域の施設、サービス、機会に公平にアクセスできるようにして、都市化レベルに応じて、マスタープランは都市内のコミュニティの階層を定義します。その中で最大の首長国には、人口100万から150万人の5つの主要都市中心部のそれぞれの周囲に建設された5つの主要な「町」が含まれており、次に人口30万から40万人の複合部門が続きます。人口70,000人から125,000人のセクター。人口20,000人から30,000人の地区、人口6,000~12,000人のコミュニティ、そして最後に人口2,000~4,000人の近隣地域です。これらのレベルに基づいて、インフラストラクチャと交通システム、エネルギーと政府サービス、病院、学校、サービスセンター、レジャーセンターなどの施設がドバイ全土に提供されることになります。

人口

最近の研究によると、ドバイの居住者数は2020年の330万人から2040年までに580万人に増加すると予想されており、昼間人口は2020年の450万人から2040年には780万人に増加すると予想されています。

現在の都市と既存の市街地における開発を集中させ、ドバイ全土に簡単にアクセスできる統合サービスセンターが設立され、人口のあらゆる層のニーズに確実に応えられるようになります。この計画は、主要な公共交通機関の駅周辺の人口密度を高めながら、都市の生活の質を向上させることを目指しています。

持続可能性に根ざした成長

この計画では、増加する住民や訪問者に対応するため、緑地とレクリエーションのスペース、および公共公園専用エリアの規模が2倍になります。自然保護区と田舎の自然地域が首長国の総面積の60%を占めることになります。開発業者や政府部門と連携して、サービスエリア、住宅エリア、職場を結び、都市全体の歩行者、自転車、持続可能な移動手段の移動を促進するために、いくつかの緑の回廊が設立されます。

ホテルや観光活動に使用される土地面積は、134%増加し、商業活動に使用される土地面積は168平方キロメートルに増加します。ドバイは今後も革新的な新興企業、国際企業、戦略的投資の世界的な拠点であり続けます。また、マスタープランでは、住民と訪問者の生活の質を向上させるため、教育施設と保健施設に割り当てられる土地面積を25%増加させる一方、公共ビーチの長さは2040年までに最大400%増加します。

都市マスタープラン 2040 に沿って、ドバイは、首長国の多様な人々の将来の願望を考慮し、持続可能な開発と成長を支援する統合的かつ柔軟な都市計画法を公布する。マスタープランは、すべての利害関係者の相互関係と責任を合理化する都市計画システムの統合ガバナンスのモデルを特徴としています。

新計画では、都市の空きスペースを整備することで開発の効率を高め、インフラの最適利用を促進する。マスタープランは、意思決定をサポートし透明性を高めるための包括的な計画データベースを開発することに加えて、大量交通機関の利用、徒歩、自転車、柔軟な交通手段の利用を奨励することを目的としています。

ドバイ都市マスタープラン2040には、この地域の包括的な開発の枠組みを構築したハッタ開発計画が統合されています。この計画は、ハッタの自然と観光名所の開発と知名度の向上を図るとともに、民間部門と協力してその環境を保護することを目指しています。八田開発計画は、地元の人々に観光を促進し、地域の自然の美しさとアイデンティティを保護する取り組みに参加する機会を提供します。

この計画はまた、住民のニーズを満たす統合された持続可能な集合住宅の開発も目指しています。 2040 年の都市マスタープランでは、最高の計画基準に従って、人間の福祉の向上を目的とした緑地、商業センター、レクリエーション施設を備えた統合コミュニティを開発します。

「Dubai 2040 Urban Master Plan」の見方

重要なポイントは

具体的な目標設定をもとにして、都市開発が行われている

ということです。

とくに重視するとされている5つの都市は

  1. デイラとバール・ドバイ
  2. ダウンタウンとビジネス・ベイ
  3. ドバイ・マリーナとJBR
  4. エキスポ2020センター
  5. ドバイ・シリコン・オアシス・センター

です。

ここを中心に、政府系ディベロッパーが開発を進めるはずです。また、メトロなどのアクセスや主要な観光施設なども、上記のエリアに集中することが想定されます。

開発がかかる前に、上記のような都市部の物件に投資するのも、賢い投資方法と言えます。

コメント

この記事へのコメントはありません。