ドバイ不動産売買・ドバイ不動産投資なら、Reheat

ドバイ不動産投資のポイント「外国人でも住宅ローン(不動産ローン)が使える」

ドバイ不動産がおすすめの理由の一つに「外国人でも住宅ローン(不動産ローン)が使える」というものがあります。今回は、ドバイの不動産ローンについて解説します。

ドバイでは、外国人不動産購入にローンが使える

一般的に海外不動産投資では

  • 非居住者(外国人)は、現地の住宅ローン(不動産ローン)を使えない
  • 居住者(移住した外国人)は、現地の住宅ローン(不動産ローン)を使える

というのが一般的です。

移住してしまえば、住宅ローンを使って自宅を購入することもできるのですが、移住していない海外に住んでいる外国人の場合は、現金で投資するのが一般的です。

当然ですが、もし返済が滞った場合に、現地の銀行が海外に居住している人に取り立てるのは難しいからです。

しかし、ドバイであれば

  • 非居住者(外国人)は、現地の住宅ローン(不動産ローン)を使える
  • 居住者(移住した外国人)は、現地の住宅ローン(不動産ローン)を使える

ものとなっています。

ドバイの住宅ローン(不動産ローン)

居住状況UAE非居住者UAE非居住者UAE居住者UAE居住者
物件状況オフプランレディプランオフプランレディプラン
融資可否
金利高金利高金利低金利低金利
借入期間25年25年25年25年
返済期限会社員:65歳まで
・自営業:70歳まで
会社員:65歳まで
・自営業:70歳まで
会社員:65歳まで
・自営業:70歳まで
会社員:65歳まで
・自営業:70歳まで
自己資金(最低)-50%-ゴールデンビザ
10%~30%
ゴールデンビザ以外
30%~50%
年齢条件25歳以上25歳以上21歳以上21歳以上

非居住者(外国人)の場合は

すでに完成しているレディプランの場合 → 50%は、ドバイ現地の銀行の住宅ローン(不動産ローン)を使える

ということになります。

オフプランの場合は、住宅ローン(不動産ローン)は使えません。そもそも、オフプランは、5~6年後の完成を目指した物件を分割払いで支払うものですので、そもそも住宅ローン(不動産ローン)を使わなくても、支払いは分割されて、一回の支払いは少額となります。

そのため、オフプランの場合は、住宅ローン(不動産ローン)は必要ではないのです。

あくまでも、

レディプランの購入であれば、外国人であっても、ドバイの銀行から住宅ローン(不動産ローン)で物件価格の50%を借りられる可能性がある

ということです。

50%という割合ですので、自己資金を50%は用意しなければならないのですが、現金購入よりは、ドバイ不動産が買いやすいことになるので、ドバイ不動産投資が選ばれる一つの要因となっています。

また、ドバイ不動産投資という観点で言えば、現金購入よりは、2倍のレバレッジで投資できることを意味します。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事